お尻の黒ずみ

皮膚科で治す!お尻の黒ずみの注目の治療法とは?

普段はあまり見ないお尻に、黒ずみが出来ていてびっくりした人もいると思います。
なぜ黒ずみが出来たか、原因を知りたい人も多いようです。
また、黒ずみで皮膚科に行こうかと悩んだりしている状況です。

 

お尻の黒ずみには、大きく分けて二つの原因があります。

  1. お肌のターンオーバーがうまくいかず、古い角質が蓄積している
  2. 服装や習慣で、お尻に摩擦が起こりやすいため

 

黒ずみがひどい場合には、皮膚科の受診をオススメします。
皮膚科での「お尻の黒ずみ対応策や治療法」もいろいろあるからす。

 

今回は、「ケミカルピーリング」について取り上げてみたいと思います。

 

ところで、黒ずみ対策なら、エステサロンでもできますよね。
エステサロンと、皮膚科での処置の決定的な違いはなんだかわかりますか?
それは、「治療を施せるかどうか」なのです。

 

ケミカルピーリングとは?

簡単に言うと、黒ずみの原因である古い角質を薬剤を使って取り除くことです。
医師が治療するからこそ、効き目の強い薬剤が使えます。

 

この薬剤の中には、さまざまな種類の「酸」が含まれています。
そう、「アミノ酸」とか「ヒアルロン酸」とかの体に必要な「酸」です。

 

同時に肌の代謝を良くして、ターンオーバーのリズムを整えていきます。
だから、治療の後でケアを続ければ再発に悩まされることもありません。

 

治療を受ける際は、注意しなくてはいけないことがあります。

 

お肌の美しさにこだわるからこそ、お尻の黒ずみが気になるのは当然でしょう。
しかし、ピーリング治療を受ける前には脱毛サロンで処置を受けるのは控えて下さい。

 

お肌への負担が大きいので、医師の判断で治療ができないことがあります。
さらに、治療後は少し患部が赤くなることもあるのです。
しばらくすると、自然に治るのが一般的です。

 

もし長引く時には、治療を受けた皮膚科に相談すれば良いので安心ですよ。
治療費はそれなりですが、その分だけ効果は期待できるので検討してみて下さいね。