お尻の黒ずみ

お尻の黒ずみで皮膚科のレーザー治療を受ける前に知っておきたいこと

お尻の黒ずみは、自分のケアだけでは改善できないこともあります。
そのため、皮膚科や美容外科を受診することも一つの方法です。
今回は、皮膚科や美容外科で治療法として導入されているレーザー治療について調べてみました。

 

この不要なメラニン色素に、直接レーザー光線を与えて消滅させる方法があります。
これこそが、治療の目的となります。

 

レーザー治療は基本的に、黒い色素にだけ反応する光線を照射します。
これで、メラニン色素や青あざなどを消していくのです。

 

レーザー治療を受ける際に気になるのは、痛みの強さです。
痛みの感じ方は人によって異なるので、一概に表現することはできません。
一般的には、輪ゴムで弾かれた程度の痛みを感じることが多いです。

 

痛みに自信のない人は、治療の前に申告しておけば対処してもらえるでしょう。

 

痛みの苦手な方やデリケートな部分には、塗るタイプの麻酔クリームを塗布します。
負担のかかる部分を前もって、保護しておくわけです。
ですから、我慢できないほど強い痛みは感じられないでしょう。

 

それでは、実際のレーザー治療の流れを説明しましょう。

 

レーザー治療を受ける前には、診断とカウンセリングが欠かせません。
つまり、痛みに対する申告もこのタイミングで行いましょう。

 

あくまでも、なじみのない治療に対する説明と肌質などをしるためのものです。
そのため、もしも納得できない場合は、この段階で治療を受けるのを中止しても大丈夫です。

 

デリケートな部分ですから、しっかりと説明を受け安心できる病院を選びます。
どのレーザー治療も、古い角質を剥がし、黒ずみや色素沈着を除去する仕組みはそれほど変わりません。

 

1回のレーザー照射で、2ヶ月から3ヶ月間の効果があるでしょう。
もちろん体質によって、個人差はあります。
お尻が黒ずんできたら、再びレーザー治療を行います。

 

気軽に通うには、自宅に近い方が良いでしょう。
受診する前に、レーザー治療を採用しているか、問い合わせてみてください。