お尻の黒ずみ

お尻の黒ずみの原因とは?詳しく教えます

お尻は普段見えにくい部位の一つです。
そのため、手入れをし難い部分でもありますよね。
ですが、ケアを怠ってしまうと、いつの間にか黒ずみになっていることもあるのです。
そんなことにならないためにも、お尻の黒ずみの原因について調べてみることにしましょう。

 

お尻の黒ずみの原因

 

実は、お尻の黒ずみは、メラニン色素の沈着によって起こっています。
そして注意したいのは、黒ずみが起こると同様に、ザラつきも起こっている点です。
すなわち、お尻の黒ずみとザラつきは、同じ原因によって引きおこされているのです。
その理由とは…なんでしょうか?

 

摩擦などによる刺激

肌は刺激を受けると、防御反応のためにメラニン色素を生成します。
デスクワークなど座っていることの多い人は、座っている時の圧力などの刺激になってしまうのです。
また、体を締め付けるような下着や洋服を身につけるのも、原因になります。
その摩擦による刺激によって色素沈着が発生し、肌が黒ずみザラつきます。

 

ターンオーバーの乱れ

乾燥や摩擦によって絶えず刺激を受けているお尻の場合、防衛のためにターンオーバーを早めてます。
その結果として、通常以上に角質を生成します。
これを、「過角化」と言います。
角質が厚くなると、肌がくすんで黒くなります。

 

ホルモンバランスの変化

生活習慣やストレスによってホルモンバランスが変化すると、お尻にも皮脂が過剰に分泌されます。
これにより、ニキビができやすくなります。
それを処置せずにおくと、ニキビ跡が黒ずみに変化しますので注意しましょう。

 

お尻のかぶれ・炎症

お尻にかぶれや炎症が起きた場合にも、肌を守るためにメラニン色素の生成が進行します。
新陳代謝が活発であれば問題ありませんが、滞ると黒ずみとして残ります。

 

 

お尻の黒ずみを予防するには、なるべく刺激を与えない生活が大切です。
さらに、余分な角質は取り除き、しっかり保湿を行ないましょう。