色素沈着タイプ

色素沈着タイプのニキビ跡はセルフケアも可能です!!

お尻ニキビは自分では見えにくい場所にあるために、ニキビができても気付かないことも多いです。
そのため、お尻ニキビを見つけたときには、思った以上に症状が進行しているケースもあります。
その場合、知らず知らずにニキビを化膿させてしまったり、潰してしまうこともあります。
その結果、最悪の場合 お尻に黒ずみや凸凹の跡が残ることもあります。
もしも、そうなってしまった場合、どうすれば良いか?
お尻のニキビ跡の治療法について考えてみました。

 

お尻のニキビ跡のタイプ

 

お尻のニキビ跡のタイプは、およそ次の3つに分けられます。

 

  • 炎症タイプ
  • 色素沈着タイプ
  • クレータータイプ

 

炎症タイプ

炎症タイプは、赤みだけが残っているニキビ跡です。
赤みがある間は、ニキビの炎症が治まっていない状態なので、注意が必要です。
そのため、厳密にはまだ「跡」と呼ぶには早いかもしれません。
しかし、この段階からケアすることで、本物の跡になるのを防ぐことができます。

 

色素沈着タイプ

ニキビが炎症をおこすと、炎症から肌を守ろうとしてメラニン色素が作られます。
この時、代謝が不充分だと茶色い色素が沈着します。

 

クレータータイプ

クレータータイプは、自分自身の免疫がニキビの原因であるアクネ菌と争った跡になります
アクネ菌を退治するために作られた活性酸素や、アクネ菌の死骸などが、肌に刺激として残ります。
これを急いで修復しようとし、て凸凹状態になったのです。

 

まだニキビ跡と呼ぶには少し早い炎症タイプと、外用薬だけでは治療が難しいです。
クレータータイプは、完治を目指すには、ドクターの手に委ねる必要があります。
では、セルフケアできる色素沈着タイプの治療方法を見てみましょう。

 

色素沈着タイプのニキビ跡のケア方法

 

色素沈着タイプのニキビ跡は、シミと共通のメカニズムがあります。
そのためシミ対策に有効な美白ケアが、色素沈着タイプのニキビ跡の治療にも有効です。
美白効果のある外用薬や、美白コスメを応用しましょう。

 

美白効果のある成分には、以下のものがあります。

 

  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン
  • ルミキシル

 

これらを使い、シミや美白対策と同様のアプローチをすると効果が上がります。

 

ニキビ跡を解消するのは、非常に難しいです。
ニキビができた時点で、正しいケアを行っておきましょう。

 

ヴェルファイア口コミ